元カノに恨まれる別れ方をしないために

元カノに恨まれるほどひどい別れ方をしたり恋愛中に彼女を蔑ろにするようなことをしている男性は今すぐ反省してください。

愛し合った男女がきれいに別れるのは意外と難しいものですか、お互い納得して別れられるようにすることが恋愛するものの義務なのです。

そこで元カノに恨まれる別れ方と、どのように女性と別れるべきについて説明増す。

いい人のまま別れようとする

自分から別れを切り出したくせに、「悪いのは君じゃない。全部僕が悪いんだよ…」「自分は●●ちゃんにとって、ふさわしくない相手だから…」などと別れ際にいい人ぶって別れようとする男性は多いものです。

いい人のまま恋愛を終わらせようとしても、別れを切り出した時点で彼女のことを傷つけているのです。いくら綺麗事を並べたとしても彼への愛が残っている女性だったら納得できるはずがありません。

どうして別れなければいけないのかと彼女から責められるのがオチです。別れたい気持ちは曖昧にしてしまうのではなく、誠意をもってはっきりと告げることが男性としての最後の責任になるのです。

自然消滅しようとする

連絡が来ても彼女と会おうとせず自然消滅を狙っているとしたら、それは男性として卑劣な行為です。別れを切り出すのは心が重いですが、それを避けてるようでは男らしくありませんし、 彼女がかわいそうです。

女性の取って別れを受け入れるのが最初は辛いかもしれませんが、心が離れたしまった彼氏と付き合いを続けるのは辛いだけですから、男性がきちんと別れることをはっきりさせるべきなのです。

都合のいい女にしてしまう

恋愛感情がなくなってしまっても体の関係だけは続けてしまうカップルも多いです。自分の欲求を満たすために女性を扱うのは最低な男です。そんな男にとって都合のいい女にならないようむしろ、彼女の方から彼氏を振ってしまうべきです。

結婚できないことを理由にする

元カノに恨まれないよう別れるには、別れたい理由をはっきり話すことです。最も良いのは結婚できないことを理由にすることです。

恋愛は楽しいけど結婚には向いていないということを、相手に傷つけることなく納得してもらうよう努力することが必要になりますが、そういった努力もしようとせずに自分勝手に別れようとすることが間違いなのです。

男性は恋愛している、その瞬間を楽しむものですが、女性は将来を見据えて付き合っていくものです。

もし女性が将来を共にすることができないと男性に言われたら納得するしか行かなくなります。少し卑怯な手かもしれませんが、きっぱりと別れるために結婚を利用することを賢い別れ方と言えます。

別れたいとはっきり言う

別れる時でもできる限り彼女を傷つけないようにすべきですが、別れる意思をはっきりと伝えなければなりません。別れることを自分のせいにして言葉を濁していては、なぜ別れなければいけないのか女性は納得できませんし、「そんなことないよ、これから二人で乗り越えていこう」と返されてしまうかもしれません。

別れ話をするなら別れたいという意思をはっきりと言葉をして伝えなければならないのです。 はっきりと言葉で伝えることで未練がある態度に取られてしまいませんし、別れるしかないと覚悟をさせることができるのです。

別れるまでが恋愛

別れたいとはっきり伝えることは相手に対する最後の思いやりです。いたずらに引きずっていては、お互い新たな未来に踏み出すことはできません。

元カノに恨まれていると言うことは、元彼のことを忘れられないということなのです。そんなことにならないよう、はっきり別れないと行けないのです。

別れを切り出すことはは辛いですが、その辛さを引き受けるのが男の責任なのです。別れ話の際にはどんなことを言われたとしても受け入れましょう。それが別れるために必要なことになるのです。